水害時Scratchでドローンをプログラミング!芝浦工業大学で開催!

6/8(水)芝浦工業大工芝浦キャンパスで、高校生を対象にしたドローンプログラミングイベントを開催しました❗️❗️
今回のイベントは、「水害が発生した際のドローンの活用方法を考える」がテーマです。
アントレキッズはイベント中、実際にドローンを操作するワークを担当させていただきました👏

まずはScratchの使い方の確認。
初めてScratchを使う生徒も多かったですが、理解が早くすんなりと操作方法を覚えていました。



更にステップ2「ドローンを飛行させよう」では、
正方形を描く問題をそれぞれプログラミングし、ブロックの使い方の理解が深まった様子でした。



メインステップ3「目的地まで飛行させよう」では、あらかじめ用意されたコースの距離や角度を調べ、
どのようにプログラミングすれば正しくコースを飛行することができるのか4チームに分かれて思考しました。
またコースの途中の救助スポットに着地しなければいけない場面ではうまくいかないチームがほとんどでしたが、
どのチームもチーム間で積極的にコミュニケーションを取り問題解決、改善できていて素晴らしかったです!



今回のイベントを通じて少しでもプログラミングの楽しさや、ドローンの活用方法などを知り、
好きになってくれたら良かったと思います。🙌
また講師として、改めて相手の気持ちになって物事伝えることや、全員が楽しめるような雰囲気づくりの大切さを再確認させてもらえました!
参加生徒の皆さん、関係各社の皆様ありがとうございました!